ラブグラとはいわゆる女性用バイアグラのことです。いつもなかなか満足できないという方、不感症で悩んでいる方はぜひ一度試してみるといいでしょう。ではラブグラについてさらに詳しく見ていきましょう。

新薬よりも安いラブグラとメガリス

ラブグラは女性用バイアグラ、メガリスは第三のED治療薬のシアリスのジェネリック医薬品です。
バイアグラとシアリスはどちらも新薬(先発医薬品)で開発費が上乗せされているため、高いです。これに対して、特許が切れた薬は他社が製造権を得ることができるので、開発費の上乗せ分がなくなって安く販売できるようになります。
バイアグラは1錠約1,300円前後、シアリスは1錠1,500円前後ですが、ラブグラは1錠300円前後、メガリスは1錠500円前後で購入することができます。
新薬に対してラブグラはだいたい4分の1、メガリスは3分の1程度の値段で購入できるので、コストパフォーマンスが高いです。
「これだけ安いと効かないのではないか」と不安に感じるかもしれませんが、有効成分も効能・効果も新薬とジェネリック医薬品では同じなので、ほとんど問題ありません。
メーカーによって若干作り方や形が異なるので、錠剤を固めるときの糊でアレルギー反応が起きたり、大きくて飲みにくいなどというケースもありますが、これは誤差の範囲と考えて良いです。
頻繁に薬を使うという人にとっては、1錠1,000円を超える薬はかなり高く感じるでしょうから、ジェネリック医薬品を活用すると良いでしょう。
また、錠剤タイプの薬は分割して利用することもできます。1錠使ってみて効果が強すぎるのであれば、半分や3分の1などに分割して調整しながら飲めば良いでしょう。
カプセルタイプの薬だとこれはできませんが、錠剤であれば大丈夫です。
分割するには、専用のピルカッターという商品が販売されています。これはネット通販でジェネリック医薬品と一緒に買うことができるので、一緒に購入しておくと良いでしょう。