ラブグラとはいわゆる女性用バイアグラのことです。いつもなかなか満足できないという方、不感症で悩んでいる方はぜひ一度試してみるといいでしょう。ではラブグラについてさらに詳しく見ていきましょう。

2016年07月の記事一覧

育毛剤が原因のEDは、ラブグラで性交の感度を高める

男性の悩みの代表的なものとして、薄毛を発症してしまうことがあります。薄毛の対応策としては育毛剤を使う人が多いと思いますが、クリニックなどで処方される医薬品も存在しています。薄毛治療を受けられるクリニックでは、効果が認められている医薬品としてプロペシアやミノキシジルが処方されます。プロペシアは飲む育毛剤とも呼ばれており、薄毛の原因となっている男性ホルモンの働きを阻害することで薄毛を減らす効果があります。プロペシアの場合には、男性ホルモンに影響を与える薄毛治療薬ですので、副作用として性欲減退などの症状が現れることも考えられます。薄毛治療を行うことでEDの症状が現れてきたときには、パートナーとのコミュニケーションによって性交をしていくことが大切になります。プロペシアとバイアグラは併用できますので、ED治療のためにバイアグラを飲むことで勃起力の増進や性欲をアップさせる効果を得ることができます。インターネット上の通販サイトでは、海外医薬品を販売しているところがあり、様々な商品を取り扱っています。インドの製薬会社が製造した医薬品としては、女性用のバイアグラのラブグラも存在しており、女性が服用することでクリトリスへの血流を促進させる効果で、性感を高めることができます。育毛剤によってEDの症状が出てきているときには、パートナーの女性にラブグラを飲んでもらって、感度を高めることで性的刺激を引き上げることが良い改善策となります。ラブグラには膣内を潤す効果もありますので、性交痛を抑制できる作用も期待できます。ラブグラを飲むタイミングは、性交の30分から1時間ほど前に服用することがおすすめで、効果は5時間ほど継続します。

続きを読む

ネットで評判の薬ラブグラとは

ラブグラは、ネットの個人輸入代行サイトで取り扱われている薬です。
女性の不感症やオーガズム不全など、女性性機能障害(FSD)の治療に用いられます。別名は女性用バイアグラと言って、男性のED(勃起障害)治療に用いられるバイアグラと同じような効果を発揮します。
FSDになってしまう原因は、性を汚らしいものと感じてしまうことや、親の過干渉によって精神的に自立できていない、レイプによるトラウマ、パートナーのED、などが挙げられます。
原因のほとんどが心に関するもので、性的な行為に対してなんらかのマイナスの印象を感じてしまうことで、うまくSEXができなくなります。
体が原因になるのは、加齢によるホルモン不足で膣が乾きやすくなったり、萎縮することです。他にも、抗うつ剤や経口避妊薬などの副作用で起こることもあります。
FSDは様々な原因が複雑に絡み合って起きていることが多いので、自分の力だけでは治すのが難しいです。
男性のEDに対しては様々な薬が開発されて世界中で使われていますが、最近までは女性用に作られた薬というのはありませんでした。
ラブグラはその中で女性のFSDを改善する薬として開発されました。
ネットでの評判も高く、デートの時や夫婦の性の営みの時に使っているという声が寄せられています。
ラブグラを使って一度SEXの成功体験を覚えれば、次回からは自力でオーガズムに達せられる可能性が高くなります。
感度が高くなることで膣周辺が濡れやすくなり、ペニスの挿入も容易になります。
まずは病院を受診したいという場合には、婦人科や心療内科、精神科などが適しています。FSDを専門に扱っている病院もあるので、そこに相談してみても良いでしょう。

続きを読む