ラブグラとはいわゆる女性用バイアグラのことです。いつもなかなか満足できないという方、不感症で悩んでいる方はぜひ一度試してみるといいでしょう。ではラブグラについてさらに詳しく見ていきましょう。

2016年10月の記事一覧

初代ED治療薬と成分が同じラブグラで性欲減退を克服

性生活において、自分や相手の精力が減退してきたと感じるときには、ED治療薬や媚薬を使用して改善を図る方法があります。初代ED治療薬として知られているものがバイアグラで、男性が服用することで陰茎の血流を良くすることで、勃起力を回復できる効果があります。夫婦間などの性欲減退を克服する方法として、バイアグラを使用している人も多いと思いますが、女性用の媚薬としてラブグラというものも存在しています。ラブグラはバイアグラに使用されているクエン酸シルデナフィルを成分としており、毛細血管の拡張を抑制する作用のあるPDE5を阻害する働きがあります。男性が服用すると陰茎海綿体への血流を促進させますが、女性が服用したときにはクリトリス(陰核)などの女性器に対して血行を促進させる作用があると考えられます。ラブグラはインドの製薬会社が開発したもので、シルデナフィルを100mg配合しています。女性がラブグラを服用することで、女性器の血行を良くすることで、不感症を改善することが可能となり、性的な満足感を高めることができます。ラブグラを使用して性欲減退を克服するためには、個人輸入の代行業者が行っている通販サイトから購入する必要があります。インターネット上にはラブグラなどの媚薬効果がある医薬品を販売しているサイトがあり、注文することで入手が可能となります。ラブグラは服用してから効果が現れるまでに、30分から1時間ほどかかりますので、性行為をする少し前に飲むことがおすすめです。効果の持続時間はバイアグラと同様で、4~6時間ほどとなります。食事による影響を受けますので、食後の場合には2時間ほど時間を空けてから服用することが大切です。

続きを読む